Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


 
平野町ペットクリニック −日々の出来事−
<< 新人研修 〜先輩による新人いびり〜 | main | 夏の夜長に耐久ダラダラ日誌 >>
姉さん事件です!
雨ですね。。。


こんな日は病院も少しのんびりしますね。


って言ってると、重傷の患者様がこられることが多いのですけどね。 ←動物病院あるある



梅雨の雨には紫陽花がやはり似合いますね。


病院警備をリタイヤした子です。
今は自宅警備員として、第二の犬生をはりきっています。


あぁ、奥にはかつて待合室にいた「クワズイモ」くんが見えますね。


そういえば、分離手術をした後に大変なことが発生した…と書いたっきり忘れてましたね。


ま、いまさら憶えている人などいないと思いますが…。


いや、植え替えに使った新しい土から小バエが大量発生したというだけなんですけどね。


病院内で小バエは良くないので、、、やむなく待合室から追い出し、外界へ、、、


さすがに雪の後は倒れかけましたが、でも今はご覧の通り結構元気です。
たくましい。





さて、タイトルのお話ですが、


なつかしいですね。。。


若い人にはわからないのでしょうか、私の年齢がバレそうですが、、、


私がいた地方では、土曜日の午後の放送だったでしょうか。



         赤川くん。若い。

当の本人は今裁判なんかで大変そうですが、、、


土曜日半日の学校から帰ると、お昼ご飯(だいたい土曜の昼はチャーハンとか焼きそばとかスパゲティのミートソースとかカレーとか)食べながら、吉本新喜劇か、独占!女の60分かを見て、その後見てたような記憶がありますね。


独占!女の60分 って!、、、なつかしい(笑)


あれ?長崎は独占女の60分てやってたのかな?





と、久しぶりの日誌なのにあいかわらずどうでも良い話を。。。(いつものことですが)





(以下、高嶋政伸さんの声でお読み下さい。)



姉さん事件です!


先日病気の子猫ちゃんが入院したのですが、、、それが後にとんでもないことに、、、なってしまったのです…。



(やっぱり書きづらいので高嶋政伸さんの声はやめて下さい。)




あまり詳しくは書けないのですが、病気をしているという猫ちゃんが来院されました。


対症療法のみの治療、通院・自宅管理・投薬による治療、入院による治療、それぞれの治療のメリット・リスク、診療費を含めて丁寧に話をさせて頂き、飼い主様は入院・治療を選択されました。


治療の甲斐もあり、病気は順調に改善し数日で無事に退院できるまでに回復しました。


そこで飼い主様に連絡をし退院する運びとなりました。


しかし退院予定日に飼い主様は迎えに来られず、電話をすると急なお仕事で来られなかったとのことで、数日後にあらためて迎えに来るとのことでした。




そして次の退院予定日、お迎えには来られませんでした。




電話をしてみても、お忙しいのか出られません。



次の日も、そして次の日も、



呼び出し音は鳴れども、、、



出られません。





んん〜、、、?



何か事情があって出られないのか、、、はたまた、、、置いていかれたのでしょうか、、、


いやいや、そんなかんじな人には見えなかったけれど、、、


でも事情があるならば、連絡の一つも頂けるかと、、、


でもそれまでちゃんと電話で話をしていたのが、急にパタっと出られないのは違和感があります。。。





もしかして、何か事件に巻き込まれでもしていたら、、、






と少し心配になりまして、連絡が途絶えてから一週間目に顧問弁護士さんに相談をしてみました。


弁護士さんによると、方法はいろいろあるけれども、、、


法的に問題無いから「とりあえず家に行って確認してみたら?」とのことでした。


。。。


んん〜、、、


でもですねぇ、、、女性の方ですし、私が行ってそれこそ後からトラブルにならないですかねぇ、、、しかも本当に何らかの事件に巻き込まれでもしていたら、、、第一発見者とかになってしまったら、最も怪しいですしねぇ、、、ここ数日の病院からの複数の着信履歴が残っているのも怪しくなりそうですし、、、というか何か怖いですし、、、


と悩みながら、昼休みに松山付近に歩いて往診に行った帰り道、交番があったので試しにお巡りさんに相談してみました。



私「あのー、私の病院に猫を入院させていた飼い主様が、ある日を境に突然電話に出られなくなってしまったのですが、突然なので何か事件にでも巻き込まれていないかどうか心配なのですが、、、」

警「なるほど、状況次第では直ちに巡回しますが、まず今現在連絡がつくか確認してみましょう。」

私「お願いします。」

警「…プルルルル  …プル  …あ、○○さん?こちら警察です。   …あ、先生でましたよ!大丈夫でした。よかったですね、かわりますね。」

私(???ポカーン???)「…あ、お電話かわりました。…○○さん?…お迎えに来て下さいね…。」



交番のお巡りさんに大変ご迷惑をおかけしましたと、丁寧にお詫びをしまして帰りました。



帰る途中で、以前日誌に書いた怒りがふつふつとこみ上げて来ました。。。




入院・預かりをして放置をされた場合、当然確認が出来ないままこちらで勝手に新しい飼い主様を探すわけにもいかないのです。


絶対にやめて下さい。







次の日お迎えに来られました。。。







本音を言えばそんな飼い主に返したくはないのですが、、、そういうわけにもいかない。






真剣に、真剣に、スタッフ全員一生懸命全力で治療をさせて頂いています。





それだけです。









おしまい。



あー、こういうマイナスな日誌にするつもりじゃあなかったのに、、、やっぱり雨のせいかな。。。



独占!女の60分を書いていた頃は気分も良かったのに!



気をとりなおして、副院長のお母様によるステンドグラスの新作です!


待合室にありますので、どうぞご覧下さい!



>>前のページに戻る



 


| - | 15:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
無責任な飼い主様がいるものですね(>_<)
そんなひとには動物を飼う資格ありませんね~(-_-#)

先生も大変だと思いますが
お体に気をつけてがんばって下さい!
| rara | 2012/06/26 2:32 AM |









http://blog.hiranotown-pc.com/trackback/1093693